一箱古本市とは

一箱古本市とは

2005年4月に、東京の谷中、根津、千駄木(通称谷根千)で行われた
「不忍ブックストリートの一箱古本市」がはじまりです。

お店の軒先で一人一箱分の古本を持ち寄り、売り買いする。
プロの古書店ではなく誰でも店主になれるのが魅力です。

当「オリオン☆一箱古本市」は2010年から始まりました。
[PR]

by orion_hitohako | 2012-09-20 00:00 | 一箱古本市とは  

<< お知らせ